ブログ

いよいよ食欲の秋到来!

秋の味覚と言えば栗・松茸・秋刀魚・梨・葡萄などが代表的ですが、忘れてならないものに秋鮭があります。

秋味とも呼ばれる秋鮭ですが、天然ものは高タンパク・低脂肪なヘルシー食材です。

沿岸部まで戻ってきた秋鮭は卵や白子を育てるために脂肪分を使うため、その脂肪分は10%以下と少なく、「脂ののった秋鮭」というのは本来存在しないのが現状です。

ただムニエルやバターソテー・南蛮漬けなど、調理方法によって美味しく頂けますので、是非お楽しみいただければと思います。

このブログ内でも「甘酢あんかけ」のレシピを公開していますので、銀鮭を秋鮭に替えて調理してみて下さい。

また秋鮭を楽しむうえで一つだけ注意点があります。

それは画像にもありますように、天然の鮭やサバなどに寄生する「アニサキス」です。

天然ものの秋鮭には高確率でこの「アニサキス」が寄生しています。

ですから生で食べることはお勧めしません。

どうしてもという方は、-20度以下で24時間以上冷凍してください。

「アニサキス」は低温と高温に弱い為、冷凍するか加熱調理すれば全く問題ありません。

この時期スーパーに寄せられる苦情の中で一番多いのは、この「アニサキス」ですが、調理の際全てを取り去ることは困難を極めます。

一般家庭では生で食べることはお勧めしませんが、加熱調理して美味しく秋を満喫してください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。